働く女性のための低血圧と生きる方法

血圧80/40代の低血圧の私が低血圧と共に生きる方法についてご紹介しています。

適度な運動にはヨガがいい~ホットヨガ~

「疲れやすい」「体力がない」「すぐにばてる」

といった症状はありませんか?

これらは低血圧に当てはまる症状なんです。
体力がないのなら体を鍛えればいいんじゃないの?
そう思ってウォーキングやランニング、さらにジムに通うなど頑張ってみるけど続かない、、、、

そんな経験ありませんか?
実は私も身体を鍛えるためにスポーツジムに週2~3回通うというのをしましたが、
結局3か月ほどでやめてしまいました。
挫折したのは単純に「しんどかった」から、ジムに通うことが嫌になったからです。

同じようにハードなスポーツは続かないという低血圧の人にはヨガがぴったり。
さらにウォーキングなどそんなにハードな運動でないが続けられないというあなたにもヨガはぴったりです。

f:id:yuu-chan3:20170319001151j:plain

なぜヨガが低血圧にいいのか?

適度な運動が必要

低血圧では心臓のポンプ機能が弱っています。
運動することで 心肺機能を高め、筋肉もつき全身の血の巡りよくします。

血圧は心臓の機能と、末梢の循環をコントロールすることが大事です。
心臓は筋肉でできているので、運動は心臓も鍛えてくれます。

ヨガは適度な運動にぴったり

適度な運動にはヨガ、水泳、太極拳、ラジオ体操、ジョギングなどがあります。

この中で何が一番良いというのはありません。
一番いいのはあなた自身が楽しく続けられることです。

水泳は水着になるのが嫌だ、太極拳は若い人がやるイメージがない、ラジオ体操もなんか、ジョギングは続かなさそうという人にはヨガがいいかもしれません。

ヨガは呼吸を意識的に大事に行います。
呼吸は自律神経を整えるといわれ、自律神経のバランスが乱れがちな低血圧のひとにはもってこいです。

ヨガと聞くと私のイメージは「おしゃれ」です。
このイメージって意外と大事だと思います。
友達などに「ヨガをしている」というと「私もしてるよー」や「おしゃれ」などの反応が返ってくることが多いです。

ポジティブな反応があると、自分のモチベーションにもつながります。

私は、全国にスタジオがあるLAVA に通っています。

ホットヨガがおすすめ

ホットヨガとは

室温39度前後、湿度60%前後に保たれた室内で行うヨガをいいます。
かなりむしむしして暑いですが、この温度が身体を一番柔軟にしてくれます。
そのため普通の室温で行うヨガに比べ早めに筋肉を柔らかくしてくれ、より効果的に筋肉を伸ばしてくれます。

また動きも高温多湿で行うため普通のヨガよりもゆったりしています。
運動が苦手、初めてでも十分についていけます。

ホットヨガはダイエット、デトックス、美肌、美姿勢・骨盤調整、冷え・むくみ、肩こり、ストレス解消・リラックス、温活といった女性の8つの悩みにフォーカス。

低血圧の改善の他にも女性に嬉しい効果がたくさんあります。

ホットヨガスタジオ

わたしの通っているLAVA は、なんといってもそのスタジオの数が多く、レッスンの数も多いので自分の都合に合わせて通えるのが魅力です。
レッスン中は周囲の人と会話することもありませんので人見知りの人も大丈夫です。

まず体験レッスンへ行ってから入会しました。
体験レッスンは約1000円で、お試しには行きやすい価格です。 
 >>《ヨガ》をはじめてみませんか?

体験レッスンでは体験用のレッスンではなく、通常のレッスンの中から自分の参加したいものを選びます。

私が体験レッスンに行った後に次のことを言われました。
「汗をかき始めるのが他の人と比べて遅い」
「代謝がおちている」
この2点には思い当たる点があり、しばらく通い始めることにしたのです。

トレーニングジムは継続できなかった私ですが、このホットヨガはいまのところ継続できています。

ホットヨガに興味ある方は体験レッスンに参加してみるのもいいかもしれません。

 

まとめ

  • 低血圧の改善には適度な運動で全身(特に心臓や足)の筋肉を鍛えたほうがいい。
  • 適度な運動にはヨガが続けやすい。