働く女性のための低血圧と生きる方法

血圧80/40代の低血圧の私が低血圧と共に生きる方法についてご紹介しています。

ハーブティで低血圧改善~いつもの飲み物をハーブティーへ~

低血圧の人は血の巡りが良くないので、1日に1.5~2L程度の水分を飲むのがいいといわれています。しかし、カフェインを含むコーヒーや紅茶など利尿作用があるものはこの水分には含まれません。

1日に2L近い水を飲むのは結構しんどいです。

暑い夏ならまだしも、寒い冬は特に水はたくさん飲めません。

 

水だけだと飽きる、自然なもので体調を整えたいという方におすすめなのが、カフェインが入っていない「ハーブティー」です。

 

f:id:yuu-chan3:20170301125654j:plain

水分補給にもなりますし、ハーブの中には低血圧や生理痛など体にいいといわれるものもあります。

ハーブティーは好き嫌いがあると思いますので、好みに合えば飲んでみるのもいいかもしれません。

低血圧の人におすすめのハーブティー

サフラン

 ご飯を黄色くする、パエリアなどのスパイスとして使われることで有名ですが、実は古くから月経トラブルや、PMS、冷えなどにの改善に使われてきました。

また、血行を良くする働きがあり、血の巡りをよくしてくれます。

 

サフラン茶

ティーパック1つにサフランのめしべ11本が入っています。1日に1杯が摂取の目安です。

2g×30ティーパックで、税込み3,240円です。

 

料理に使えるサフラン

お茶として飲むときは、サフラン3~4本をマグカップに入れてお湯を注げばOKです。料理にはパエリアやサフランライスとして使用できます。

 

 

ローズマリー

利尿効果、鎮静効果、強壮効果などがあります。中枢神経系を刺激して血流を活性化し、血の巡りをよくしてくれます。

 

ローズマリーティー

乾燥したものは香りが独特です。好みがわかれるかもしれません。

お肉料理にも合いますので、お茶は苦手という方は、料理だと使いやすいかもしれません。

 

生のローズマリーでお茶を入れるとソフトな味わい

スーパーで購入しても良いですし、これを機にキッチン栽培なんていうのもいいかもしれません。

 

レモングラス

 朝なかなか起きられないとき、長距離運転で疲れたとき、頭痛、リフレッシュしたい、消化不良、胃腸炎にも効果などに効果があります。

血の巡りをよくしてくれます。

 

レモングラスティー

 

ペパーミント

清涼感がありガムや洗口液などによく入っています。吐き気、下痢、消化不良、腸過敏症などにも効果があります。

メントンという成分には、血圧を上げる作用があります。

 

ペパーミントティー

 

タイム

抗菌作用があり、のどがいがいがする時にうがいをするといいと言われています。

身体を温める、血の巡りをよくする働きがあります。

 

 

低血圧の人にはおすすめしないハーブティー

 たんぽぽ(ダンテライオン)、レモン、マンダリン、リンデンフラワー、ユーカリなどは低血圧の人には逆効果となる可能性があります。

ノンカフェインのたんぽぽコーヒーは飲まない方が無難です。

 

まとめ

  • 低血圧におすすめのハーブは、サフラン、ローズマリー、レモングラス、ペパーミント、タイムです。
  • ただ水を飲むのに比べ、身体の調子を整える効果が期待できます。
  • ただし、低血圧の人に合わないハーブもあるので、選ぶ際には注意しましょう。

 

こちらでご紹介したサフラン以外のハーブは、美味しさにもこだわったメディカルハーブ専門店 で購入できます。

 

関連記事