働く女性のための低血圧と生きる方法

血圧80/40代の低血圧の私が低血圧と共に生きる方法についてご紹介しています。

低血圧におすすめの食べ物6選

低血圧だと、朝起きるのがしんどい、疲れやすいなど症状が辛いです。

 

低血圧は”生活習慣病”なので、食生活などの生活習慣を見直すことで、症状を軽くすることもできます。

 

f:id:yuu-chan3:20170605010729j:plain

今回は食べ物に絞ってご紹介します。

 

①水分

低血圧は心臓のポンプ機能が弱り、血液が全身をめぐる勢いが小さく、血が滞りやすい状態です。

水分を摂ることで、全身をめぐる血の量を増やすことができ、低血圧の改善が見込めます。

 

ここでいう水分とは、カフェインやアルコール、砂糖などが入っていないものです。

水やカフェインが入っていないお茶、ハーブティーなどで水分補給しましょう。

特に、起きてすぐは身体の水分が不足しがち。ベッド横に水を常備し、起きてすぐに数口だけでも水分を摂ると、スムーズに起きることができます。

私は前夜にクリスタルカイザーをベットサイドに用意し、起きぬけに数口飲むようにしています。

 

 

日中は、ハーブティーやルイボスティー、ミネラルウォーターなどを気分によって飲んでいます。

ハーブティで低血圧改善~いつもの飲み物をハーブティーへ~ - 働く女性のための低血圧と生きる方法

 

 ②チェダーチーズ

チェダーチーズには血圧を上げる働きがある「チラミン」が含まれます。

毎朝、ひとかけらを食べるようにすると、その日1日は身体が楽に感じます。

 

 

 ③チョコレート

チョコレートには血圧を上げる「テオブロミン」が含まれます。

ただし、選び方には注意が必要で、カカオ70%以上のハイカカオのチョコレートを食べましょう。

ハイカカオではないチョコレートは、砂糖を食べているのと同じようなもので、身体を冷やしたり、体脂肪が増えるなど、身体にはあまりよくありません。 

 

 

 ④コーヒー

カフェインは適量なら、自律神経系の交感神経を刺激してくれます。

交感神経は車でいうアクセルにあたり、体を活発に活動させる時に働く神経です。

交感神経が刺激されると、心臓の力を高め、血の巡りをよくしてくれます。

 

ただし、夕方以降にカフェインを摂ると夜寝つきが悪くなりやすいです。

朝や日中に丁寧に淹れた1杯を飲むのがおすすめです。

 

 

ペーパーフィルターではなく、ステンレスのフィルターで入れたドリップコーヒーは雑味が無く、格別です。

 

 ⑤ミックスナッツ

 ナッツには、血行を促すビタミンEや不飽和脂肪酸、腸内環境を整える食物繊維、ミネラルなどが豊富です。

ナッツによって、含まれる成分も違いますので、ミックスナッツで色んな種類のナッツを摂るのがおすすめです。

コンビニやスーパーで買うと高いので、ネットで1kg単位で購入しています。

 

 

⑥ローズマリー

ローズマリーには心臓の鼓動を強める作用があり、血行促進による低血圧の改善が期待できます。

肉や魚料理にローズマリーを利用したり、ハーブティーとして摂取できます。

→血圧を上げるローズマリー、血圧を下げるラベンダー - 働く女性のための低血圧と生きる方法

 

 

簡単なものからでも取り入れていただくと、低血圧の症状の改善が期待できます。