働く女性のための低血圧と生きる方法

血圧80/40代の低血圧の私が低血圧と共に生きる方法についてご紹介しています。

お酒を飲んで貧血みたいになるのは、脳に血が足りていないから!

楽しいはずのお酒を飲んで、なぜか「血の気が引いたようになる」「頭がぼーとする」「ふらふらする」という経験はありませんか?

お酒の席でこんな症状が出たら嫌ですよね。

なぜこのような症状がおこるのでしょうか?

①脳貧血(=起立性低血圧)、②急性アルコール中毒のどちらかが考えられます。
2つのうち脳貧血について解説していきます。

f:id:yuu-chan3:20170327232815j:plain

 

脳貧血について 

脳貧血(起立性低血圧)と貧血は違う

脳貧血は正確には起立性低血圧といい、貧血ではなく低血圧の一種です。


貧血(鉄欠乏性貧血)は、血液中の酸素を運ぶヘモグロビンが少ない血が薄い状態です。


起立性低血圧は、起き上がったり立ち上がったりした時に血圧が急激に下がり、十分な量の血液が脳に流れていかずに脳が酸欠状態になることです。

 

脳貧血の症状

  • 身体がふらつく、ふわふわした感覚
  • めまい、たちくらみ
  • 頭痛
  • 物が二重に見える、視界が狭くなる
  • 手足や全身のしびれ
  • 失神など意識障害
  • けいれん など

脳貧血の原因

  • 水分不足などによる体液量の減少
  • 利尿薬や血管拡張薬の使用、降圧薬の使用
  • 長期の安静・寝たきり生活、
  • 急な立ち上がりや起き上がりによる重力負荷 など

お酒と脳貧血

1.お酒で体の水分が失われる(脱水)
お酒を飲むとトイレが近くなるという人が多いですが、アルコールには利尿作用という体の水分を外に出してしまう作用があります。
そのため、十分な水を飲まずにお酒を飲むと脱水状態になります。

脳貧血の原因に書いた「水分不足などによる体液量の減少」にあてはまります。

 

2.自律神経
自律神経系とは生きるうえで欠かせない無意識に体を正常に維持しようと働くシステムです。
自律神経の働きにより心臓から全身に血液を循環させ、栄養素や酸素を届けます。

 

私たちが横になっているときは、心臓から頭に血を送るのも、心臓から足に血を送るのも同じ力ですみます。

しかし、立った状態だと血液は重力よって下半身へ下がります。
このとき脳に十分な血が流れないと、脳に血が足りません。
しかし、1日中脳に血が足りないままでは困ります。
そうならないために自律神経系が働いて脳にも血を届けてくれているんです。

立ち上がると、脳へ行く血は一瞬だけ減りますが、それをセンサー(頸動脈洞)がすばやく察知し、その情報を自律神経系を通じて脳へ送ります。
すると脳の血圧コントロールセンサーが反射的に心臓に命令を伝え、心拍数を上げるよう指示します。

このとき立ったことで血は下半身の方へ下がり始めていますので、脳は下半身の心臓から遠い血管を縮めるよう命令し、心臓へ戻る血を増やそうとします。
こうしないと、血は下半身にたまり(むくみ)心臓は空回りする(動悸)だけになります。

なので人は立ち上がると同時に心臓から遠い血管を縮め、心臓に戻った血が脳へ巡り、脳の血が足りないようにしています。

これらの一連の反応は通常なら一瞬で起こり、身体の中でこんな複雑なことが起こっているなんて気が付きません。

起立性低血圧ではこの反応のどこかが上手くいかないために症状がでます。

 

低血圧がある場合は、心臓のポンプ機能が弱く、

お酒を飲むと水分不足で脳貧血になりやすいです。

 

 

 

脳貧血の対策

1.お酒を飲むときは水も同じだけ飲む

アルコールの利尿作用による水分不足にならないように、水分補給をしっかりしましょう。おすすめはか、カフェインの入っていないお茶(ウーロン茶など)です。
甘いジュースなどは砂糖の糖質によってアルコールの分解が遅くなり酔いやすくなりますので逆効果です。

お酒を飲んだ量だけ水も飲むのが目安!

外でお酒を飲む場合には、その帰り道にもきっちり水分補給しましょう。
酔っている状態で水を買うのは面倒に感じます。
事前にペットボトルの水を用意しておくのが無難です。

 

2.自分の適量を把握する

お酒を飲む場合は自分の適量を知り、その量を守りましょう。
ただし適量を守ってもその日の体調(風邪気味、寝不足など)によって少量でも酔いやすいです。

3.下半身に筋肉をつける

脚に筋肉が付くと、立った時に 心臓へ血液を押し出す力が増えます。
普段からの予防という意味で、歩いたり、エクササイズなどで筋力アップをしましょう。
私は、駅やお店でエスカレーターでなく階段を使い、週に1回程度ですがホットヨガに通っています。

>>★日本最大級!ホットヨガスタジオLAVA★

4.もし飲みすぎてしまったら

サプリメントで二日酔いに効果のあるものが売られていますので、ストックしておくといいかもしれません。

 

医学博士監修によるオリジナル処方で製造した飲み過ぎ対策サプリメント特許取得成分配合【エカス ekas】

 

まとめ 

  • アルコールで貧血みたいになる原因は脳貧血(起立性低血圧)か急性アルコール中毒のどちらか。
  • 脳貧血の原因は水分不足や急な立ち上がりなど。
  • 脳貧血の対処法は①水分補給をしっかり、②自分適量を把握する、③下半身に筋力をつける、④二日酔い対策のサプリメントを利用
  • せっかくのお酒を楽しむために、あなた自身で脳貧血を防ぎましょう。

<関連記事>