働く女性のための低血圧と生きる方法

血圧80/40代の低血圧の私が低血圧と共に生きる方法についてご紹介しています。

男性だけじゃない!亜鉛は女性の味方~おすすめサプリ~

「亜鉛」というと、精子にたくさん含まれるので、妊活中の男性や、中年男性に必要な栄養素のイメージがあるかもしれません。

 

しかし!!

亜鉛は女性にも(こそ)必要♡

成人の体内に2gととっても少ない栄養素ですが、その働きは重大!!

ここでは亜鉛がなぜ必要か、亜鉛を何からどれくらいとったらいいのかご紹介します。

 

f:id:yuu-chan3:20180904230517j:plain

亜鉛

亜鉛は働き者。女性ホルモンの働きを高める作用も

働き①遺伝情報を伝え新陳代謝に必要

亜鉛は私たちの身体のなんと200種類以上の酵素反応に関与。

とくに重要な役割が、遺伝情報を伝えること・タンパク質の合成です。

細胞の形成や新陳代謝、成長に欠かせないミネラルとされます。

 

働き②糖質の代謝

血糖値を下げる唯一のホルモンであるインスリンの合成や糖質をエネルギーに変える過程でも重要です。

 

働き③免疫力アップ

細胞の酸化(錆びつき)を防ぎ免疫力を維持したり、向上させることにも役立つ。

 

働き④生殖機能の維持に

男性には精子の形成、女性には女性ホルモンの分泌を活性化する働きがあります。

 

この4つの働きから、亜鉛は、男性だけでなく女性にも重要なミネラルだということがお分かりいただけましたでしょうか?

 

亜鉛ってどのくらいとったらいいの?

国が推奨している推奨量は18歳以上の男性10mg/日女性8mg/日です。

(上限量は、男性:18~29歳と70歳以上で40mg/日、30~69歳で45mg/日。
女性:18歳以上で35㎎/日です)

 

亜鉛は不足している!

しかし亜鉛は推奨量よりも不足傾向にあります。

国の調査によると、亜鉛摂取量は20歳以上の男性の平均8.8mg/日、女性7.3mg/日。

平均から言うと、男女ともに推奨量よりも1㎎程度不足していることになります。

 

亜鉛は何でとったらいいの?

食品中の亜鉛は牡蠣や牛肩ロースなどに多いです。

亜鉛10㎎を食べ物でとるためには、

  • 牡蠣なら3個(100g中に亜鉛13㎎)
  • たらこなら4個(320g中に亜鉛9.6mg)
  • 牛肩ロースなら200g(200g中に亜鉛9.2mg)
  • 納豆なら10パック(500g中に亜鉛10mg)

今現在亜鉛を食事で摂取できているという方はすばらしいです!

 

ただ、仕事や家事・育児などで忙しくされている方など、不足しているかもしれません。

特に加工食品やレトルト食品で済ますことが多いという方は不足しがちです。

 

さらに亜鉛はとっても吸収率が低く30%程度。しかも年齢とともに吸収率は低下。。。

亜鉛の吸収を高めるために動物性のタンパク質と一緒に食べたり、クエン酸やビタミンCととるとよいです。

 

亜鉛サプリメント

食事からとるのが難しいという場合にはサプリからとるのもいいですね。

業界屈指の実感力!今までになかった亜鉛サプリが980円(税込)

 

公式サイトをみると、めちゃくちゃ男性向けな感じが漂っていますが(笑)

女性にもとってもいいサプリです。

 

おすすめポイント①亜鉛量がだんとつすごい

亜鉛が18㎎も入っています!!

日本人の平均摂取量に18㎎を足しても上限量には届きません。

摂りすぎが心配な方は1日に食べる量を減らすなど調整するのもいいですね。

 

おすすめポイント②吸収を高める栄養素が入っている

吸収率が30%と低い亜鉛の吸収率を高めてくれる動物性たんぱく質(卵黄)、クエン酸、ビタミンC、ビタミンB6を含有

 

おすすめポイント③その他の栄養が豪華

高麗人参、マカ、ウコン、えごま油と豪華メンバーを配合♡

 

楊貴妃も飲んでいた!?高麗人参:サポニン(ジンセノイド)という成分があり、
サポニンは「活力向上」「美容効果」「リフレッシュする効果」があります。

 

アンデスの薬草の女王!マカ:活力アップやエイジングケアにもよく、男性だけでなく女性にもおすすめの食品。

 

ウコン:血流を改善し生理痛や肩こりにも効果的。また色素成分のクルクミンは消化を促進する働きも。

 

えごま油:炎症を抑えるオメガ3の脂肪酸が豊富。

 

 

いまなら通常価格の約84%offの1袋980円(税込)で、送料無料なのでお試しやすいです。

定期コースをやめたい場合は、電話・メールで即休止OKというのも魅力。

電話受付のみだと、日中仕事をしている場合はなかなか私用電話はかけずらいので、メール対応はありがたいです。