働く女性のための低血圧と生きる方法

血圧80/40代の低血圧の私が低血圧と共に生きる方法についてご紹介しています。

食べ物で血流改善~低血圧や生理痛に~

 

血圧が低い=心臓から全身に血液を送る力が弱い状態です。

栄養素や酸素は私たちが元気に過ごすために必要。

それを全身に運ぶためには血の流れが良いことが大切です。

 

身体が冷えていたり、血圧が低い、貧血(酸素を運ぶヘモグロビンが少ない)などがあると、血の流れが悪く、栄養素や酸素を全身の細胞に十分に届けることができません。

栄養素や酸素不足によって、頭痛や生理痛、腰痛、肩こり、筋肉痛などをもたらします。

 

漢方の考え方では、血流の滞りを「瘀血(おけつ)」といい、
瘀血の改善には「血(けつ)」を補う食材・「血」の流れをよくする食材を摂るとよいとされています。

 

「血」を補う食材とそのほかの効果

れんこん

効能:目の充血、結膜炎、皮膚の乾燥、止血、便秘などに

なす

効能:痔、歯肉炎、生理痛、むくみなどに
身体を冷やすため、冷え性の方はショウガやニンニクなど体を温める食材と組み合わせるとよい。皮にはアントシアニンが豊富で抗酸化作用も期待できる。

くり

効能:身体を温める、生理痛、体力や精力を増進

いか

効能:顔色をよくし皮膚や粘膜を潤す、生理不順や貧血によるめまい、息切れなどに
イカスミは酢と混ぜて食べることで血流アップ。

必須アミノ酸のリジンが豊富で消化の良いタンパク質が含まれます。
手軽にとるならアタリメがおすすめです。

 

たこ

 効能:皮膚に潤うを与え傷の治りを早めるので、乾燥肌やしもやけ予防に。生理不順の改善や出産後の母乳のでが悪いときにも。

「血」の流れをよくする食材

チンゲン菜

効能:打撲による内出血、生理痛、肩こり、筋肉痛、傷の化膿などに

 

にら

効能:身体を芯から温め、冷えによる腹痛や足腰の痛み、だるさ、冷蔵による脚のむくみなどに

アリシンにはビタミンB1 の吸収を高め、糖質の代謝や疲労回復にも効果的。

黒きくらげ

効能:胃腸を丈夫にして便通をサポートしたり、身体にこもった熱を冷やすなどの働きが。

体内でビタミンDにかわるエルゴステリンが豊富でカルシウムの吸収をサポート。

 

うなぎ

効能:食欲がない・体力がないなどに食べたい。血行を良くすることで腰のだるさ・脱力感などの症状を改善

 

たら

 肝臓を保護するグルタチオンやタウリンが豊富。血行を促し打ち身や捻挫、あざなどの改善にも。

 

黒酢

 

漢方では血行を促ししこりを取るとされます。のどの腫れや痛みにも効果的。酢酸やクエン酸によって血流を改善する。

ティースプーン1杯程度の黒酢を炭酸水や水で割って飲んでも◎